もうひとつの夏へ

日記とニュースのサイトでした。いまはネット小説の紹介とか色々。更新不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

迷宮街復ッ活!

「迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? 」(ソフトバンク・クリエイティブ)

うわー、ぜんぜん知りませんでした。
漫画版では真壁くんがアレなことになってましたが(笑)
今回かなり加筆あるようなので、色々と楽しみですね。まあ大筋がかわらないと思いますが。

ちなみに、これも寝取られだよなあ。
コップの汗(結露)の描写とかが微妙に生々しくて好きだった。

さんきゅーです、一斗さん。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/29(水) 19:14:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

それってチャンスじゃね?

Yahoo!知恵袋「夫に私の初体験を話しました。」


私も夫も23の結婚1年目の夫婦です。以前エッチの後の会話で、つい初体験の話をしちゃいました。
その相手が夫の現在の上司の方です。夫はまだ入社2年ですので夫と出会う前になります。
私は18歳で入社して、その頃同じ部署の51歳の上司に誘われてホテルについていき、夫と出会うまで3年ほど関係を持ちました。
普段から下ネタで盛り上がったりしていたので、軽い気持ちでその事を話したんです。

すると夫の顔が急に凄い青ざめてきてトイレに駆け込んで食べたものを吐き戻したんです。
最初はどこか具合が悪くなったのかと思ったのですが、突然びっくりするほど号泣しだしました。息も荒くなってガタガタ震えたりと、本当に発作かなにかかと思ったんです。
なんであんなヤツに、と呟いていたのが頭に残っています。
(引用)

ばか、いまこそ夫が寝取られに目覚めるチャンスじゃないか!
さあ、今こそ穏やかな心を持ちながら激しい嫉妬によって目覚めたスーパー寝取られスキーになるんだ!
毎日会社で上司に顔を合わせるたびに、ああこいつが妻を、と嫉妬を抱き、ついにはそれが快感に!

旦那を救うためにはこれしかありません。
いますぐ婚約者M子を読まs(以下略
  1. 2008/10/23(木) 14:21:58|
  2. 寝取られ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

最近の趣味はひとり映画

「容疑者Xの献身」見てきました。原作は未読。
最後の最後まで”容疑者Xが惚れているのは実は娘の方”という幻想を抱き続けたままスタフロールを迎えてしまった僕は、このもやもやとした鬱屈をどこに向ければ良いのだろう・・・・・・



あの声を押し殺して泣くシーンなんか最高じゃないですか。
最高に興奮するじゃないですか。
黒髪ロングって最強じゃないですか。
通学途中の隣に住む母子家庭の娘さんに、「おはようございまーす!」とか挨拶されるなんて、もうこれ死亡フラグもんじゃないですか。

なので、僕はてっきり・・・・・・

まあ、僕にかかればスタッフロール中にその後の生活を妄想するなんて朝飯前。
母親はあのままあの人とああなって、落ち込む彼を娘が「もう、しょうがないんだから!」なんて表面上はぷりぷり怒りながらご飯とか作ってあげたり、でも内心は「やっぱり・・・まだお母さんのこと好きなのかな・・・・・・」なんて落ち込んじゃったりさあ! 
なんかそんな感じでさあ!
まあ、やっぱあの後なわけだから、数年後とかでしょ。
娑婆に出てくると、中学生だったあの娘もすっかり大人になってるわけよ!
困っちゃうなあ!
困っちゃうなあ、もう!!



さあリッキィ、僕らも夏への扉を探しに行こうぜ!



まあそんなわけで、この映画はトビー(偽)的にはすごいハッピーエンドらしいよ。
でも普通の感性の人が見たらどうなのかは知らない。
  1. 2008/10/08(水) 00:26:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刻淫ワルツ

(あらすじ)
寝取られライトノベル「ハーフボイルド・ワンダーガール」を読み情熱を持て余したトビー(偽)は、とうとうずっと気になっていた同人ゲーム「刻淫ワルツ」に手を出してしまうのだった!



「刻淫ワルツ」 (※18禁)

寝取られ系の同人ソフトじゃ、古株かも知れません。
なんでか、ずっと手を出さないでいたんですが、ついに購入してしまった・・・・・・

だって、ずっと好きだった幼馴染が、じつは他の男に開発されてたなんて・・・ステキじゃん。

ああ、トビー(偽)にも、いきなり見知らぬ弁護士が訪ねて来て「実はあなたは、先日なくなった大富豪の唯一の相続人なのです」とかみたいに、ある日いきなり顔も知らないがじつはずっと好きだった幼馴染が出来ませんかね。もちろん彼女も僕に好意を抱いてるのですが、しかし彼女には年上の恋人が!
ああ、なんてことだ!


まあ、「顔も知らない人間を幼馴染とは言わない」なんてささいな問題ですよね。

  1. 2008/10/02(木) 23:04:49|
  2. 寝取られ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

な、なにぃーーーー!

外出中に「ハーフボイルド・ワンダーガール」を読み終え、帰宅しなりに興奮のままに下の記事を書き終えた後、web巡回してたら・・・・・・


すでに先回りされていたァーーーーーー!


おのれ蛸の人!(なんか違う)





どうでもいいけど、最近あるntr系スレに愚痴を書き込んだらガチ説教されて凹んだ。
まさかあんな雑談じみたぼやきに、マジレスくらうとは思ってなかった。
でもなんかその場がntrスレというのが、妙にツボにきて、お風呂で思い出し笑いしてたらたまたま扉の外にいた母親に気味悪がられた。








大丈夫、私は元気です。まだ。


  1. 2008/10/01(水) 23:59:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハーフボイルド・ワンダーガール

「ハーフボイルド・ワンダーガール」 早狩武志/一迅社文庫


ハハハ、ファック。



この本をライトノベルとして、ミステリーとして読んだのなら・・・・・・
そう口ずさみたくなることでしょう。

でも、ちょっと待ってください。

もし、読者が、あなたではなく・・・・・・トビー(偽)だったとしたら?
「さ、最高傑作級~~~~!!」
と、思わずそう叫んでいることでしょう!
なぜなら、彼は変態だからです。

以下ネタバレのため、追記にて。


【“ハーフボイルド・ワンダーガール”の続きを読む】
  1. 2008/10/01(水) 23:34:33|
  2. 寝取られ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。