もうひとつの夏へ

日記とニュースのサイトでした。いまはネット小説の紹介とか色々。更新不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハーフボイルド・ワンダーガール

「ハーフボイルド・ワンダーガール」 早狩武志/一迅社文庫


ハハハ、ファック。



この本をライトノベルとして、ミステリーとして読んだのなら・・・・・・
そう口ずさみたくなることでしょう。

でも、ちょっと待ってください。

もし、読者が、あなたではなく・・・・・・トビー(偽)だったとしたら?
「さ、最高傑作級~~~~!!」
と、思わずそう叫んでいることでしょう!
なぜなら、彼は変態だからです。

以下ネタバレのため、追記にて。



「あたし……本当はちっちゃな頃から」

ずっと好きだった幼馴染の美佳。
学校の屋上に呼び出された俊紀は、彼女から思わぬ告白を受ける。
「だから・・・責任、取ってくれるよね?」

まったく身に覚えのない彼女の妊娠。
困り果てた俊紀は、その場を偶然覗いていたミステリ研の佐倉井綾に助けを求めるのだが。


というお話です。
つまるところ、兄貴が死んでいきなり医者の道を強制され悩んでるところに、片思いの相手が知らぬ間に妊娠。しかもなぜか、彼女はその責任を自分に押し付けようとしてくる。失恋と人生の危機を同時に向かえ、にっちもさっちもいかなくなった主人公が、ともかく相手の男を捜そうと東奔西走する話なんです。

青春日常系ミステリーな感じですが、正直なところ、ミステリーとしては崩壊も良いところ。
だって、10P読まないうちに彼女を孕ませた相手は(読者には)わかっちゃうんだもの・・・
それなのに、主人公と探偵役の綾で延々と相手の男を捜し続ける茶番につき合わされるのは、そりゃ一般の嗜好をお持ちの方にはツライことでしょう。

ところがどっこい。
これがこのトビー(偽)にかかれば、最高級のハチミツ(ただし苦味成分100%)となるのです!
主人公だって、本当はうっすらと父親はわかっている。
でも信じたくない。
そうやって延々と探し続けるのです。
ああ、その絶望感!
自分が漫然と彼女を眺めている間に、あいつは彼女を×××、あまつさえ×××、いやはや×××まで!
きっと主人公はその光景を思い浮かべ、悶々と苦しんだことでしょう。
その苦痛が、トビー(偽)の愉悦の糧になっているとも知らずに!(悪魔的笑顔を浮かべつつ)

さらには、美佳の妹の由香には、「お兄ちゃんじゃなくて主人公が死ねばよかったのに」とまで言われる始末!
ああ、正直に言いますと、・・・・・・ふふふ、私、この台詞読んだときに、勃起・・・・してしまいましてね・・・・・・
(いや冗談ですよ。半分は。)

とにかくないがしろにされる主人公に、なぜかどうしようもなく興奮する変態がここにひとり。
いやもう、なんでこのラノベは僕のツボをことごとくついてくるのでしょう!

でも一般人にはあんまりおすすめはしないかな・・・・・・
作者がエロゲのシナリオライターらしく、たしかに文章回しは上手いのですが・・・・・
前にも書きましたが、構成が失敗しているというかミスリード出来てないので、真相は主人公以外にはわかってるのに話は進まないという破綻。
気にならない人は良いですが、こういう穴が気になっちゃう人には、ダメでしょうねえ。
なぜ主人公が事の真相に気づけないか、それを読者にアピールしなきゃダメでしょう。
それをしたくない、つまり相手の男の、ある女の子への思いを伏せたかったならこんなミステリーを期待させるような作品作りはしちゃだめじゃないですかね。

まあ、僕としては文庫まるまる一冊使って寝取られを楽しめるという、まさに逸品なのですがね!

スポンサーサイト
  1. 2008/10/01(水) 23:34:33|
  2. 寝取られ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

うおー、なんだそれ
おもしろそーじゃねーかー
と思ったら

>なんでこのラノベは僕のツ

は?
ラノベ?(漫画だと思ってた・・・)

そして教授はハーフボイルド・ワンダーガールの事を考えるのをやめた
  1. 2008/10/02(木) 20:41:57 |
  2. URL |
  3. K@としあき #-
  4. [ 編集]

なんか
ラノベって
漫画より
読むのが楽
なんで



かゆ
うま
  1. 2008/10/08(水) 00:32:32 |
  2. URL |
  3. トビー(偽) #-
  4. [ 編集]

いつもお世話になっております。こちらの紹介で購入を決めました。
ネタバレ部分を覗くと見事な代弁。何も言うことは無いのですが
四十九日に訪れた佐倉井さんに対し
彼女も実は兄貴のお手付きだったなんてことは・・
と妄想が及んだ所でいい脳汁が出たことを
感謝の言葉に代えて報告させて頂きます。
  1. 2008/10/23(木) 23:59:11 |
  2. URL |
  3. cal #-
  4. [ 編集]

>彼女も実は兄貴のお手付きだったなんてことは・・


ちくしょおおおおおおおおお
その発想は無かった!
正直なかった!

おれ今から読み直してくるよ!
正座しながら読んでくるよ!
  1. 2008/10/30(木) 12:11:59 |
  2. URL |
  3. トビー(偽) #-
  4. [ 編集]

ここで知って読みました。
まぁ、面白かったけど幼馴染はヒドい。
まぁ、言わないと成立しないんだが。(笑)
  1. 2013/03/22(金) 18:06:00 |
  2. URL |
  3. kuma #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ufocatgames.blog48.fc2.com/tb.php/26-06693b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。