もうひとつの夏へ

日記とニュースのサイトでした。いまはネット小説の紹介とか色々。更新不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゼロな提督

ゼロな提督

ヤンは、窓の外を見つめる。
 遠い夕焼け空を眺めながら、ゆっくりと語り始めた。
「昨日話したとおり、私は軍人です。いえ、軍人でした。
 全く向いてない職業ではあったんですが、どういうわけかやっていました。
 そして私は私の所属する国家、というより思想や信条のために戦っていました」
「思想・・・信条?」
「ええ。自由と、民主共和制です」
「・・・何、それ?」



ゼロのルイズが呼び出したのは、瀕死状態の平民だった・・・・・・
その名は、ヤン・ウェンリー。
魔術師とまで呼ばれた智謀の主である。



面白すぎるだろ、これ!




なんとなく、物珍しさに惹かれて読みだしたSSですが、これがとんでもなく面白い。
一部で原作を超えた傑作とまで言われたらしいですが、それも納得の出来です。
いや、僕はどうも田中芳樹作品は肌に合わなくて銀英伝も未読なのですが、それでも十二分に面白い。
ゆるぎないヤンの智謀と信念も魅力ですが、段々と成長していくルイズがまた可愛い。
こんなに魅力的なルイズは初めてかも。
そしてこんなに腹の立つアンアンも。自重しろアンアン自重しろ

後半は怒涛の展開で畳みかけ、最後の話の落とし所はどうするのか、本当に気になって徹夜しちまいましたよ。久々に。
まさかのあの人の勝利宣言END。
二次創作には珍しくちゃんと完結してるも評価が高いですね(苦笑)

文章もきっちりしてるし、二次創作系の苦手な人にこそ読んでほしい逸品です。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/09(木) 03:38:45|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ufocatgames.blog48.fc2.com/tb.php/75-4de4a58e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。