もうひとつの夏へ

日記とニュースのサイトでした。いまはネット小説の紹介とか色々。更新不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日没の都(ナシオカ)

日没の都


料理人の少女、スーシャは実は転生者。不思議な能力を授かってはいたものの、育ての親の教えを守って一切使わず、前世からの夢だった料理人としての人生を歩んでいた。 料理人として人生を謳歌するスーシャだったが、一度だけ魔が差すように使ってしまった力のせいで人生が狂いだしてゆく。



魅力的なおっさんが出てくる小説は良作とみて間違いない。


主人公のスーシャがさまざまなイケメンに囲まれる話・・・・・・かと思いきや、そう単純な内容ではない。
世に言う”愛され系”の範疇に入りつつも、「イケメンに振り回されるアタクシ」だけに留まっていないのは、脇を固める人物らに魅力があるからだろうか。

この作品に出てくるとある中年男は、酒飲みで、女好きで、金持ちの次男というどうしようないおっさんだ。
その男が、あるきっかけで走り回ることになる。
貴族たちの謀略から自分の大切なものを守るために、将来を、身分を、自分の命すらも投げ捨てて彼は走る。

本来なら主人公を輝かせるためのきっかけに過ぎないエピソードが、一人の中年男に魂を吹き込んだ。



マヌエルは王に手を差し出した。

「我々も下りましょう、王よ。見下ろすのは不敬というもの。今あそこにおられるのは、神の国の住人なのです」
スポンサーサイト
  1. 2012/02/29(水) 18:55:17|
  2. 読み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ufocatgames.blog48.fc2.com/tb.php/98-5012ebba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。